検索
  • rolling

「面白さ」のプロフェッショナル



「地上波のゴールデン番組」を制作することとは…。


ディレクターのアシスタントを始め、10カ月が経過しました。


最近気づいたことは、「プロフェッショナル」とは

「どこまで小さい事にこだわり抜いて作り込めるか」ということです。

アシスタントの仕事をしていると、呆れるような指示を多々受けます。


■例えば…50本電話してやっと仕込めたロケ場所…。

 演出家の「やっぱ違う構成にする」の一言で全てがやり直しです。

■例えば…オンエア2日前。「街録の映像がほしい」の一言で

 一日中取材を続けても良い画が撮れない。編集も間に合いません。



無理でしょ?絶対実現不可だよね?って。

毎日のようにアシスタントは愚痴を言います。


でも…

物理的に(時間的に)不可能な状況でも、

まだ細かい演出にこだわり続ける演出家がいるからこそ

見ごたえのある番組ができるんだと思います。



「テロップの位置をあと1cm上にずらして」

「3秒間のカットだけど、他の画が良いから街録行ってきて」

「あと5cm髪の毛が長い写真探して」


細部までこだわり抜いて作っているから、

テレビ番組は面白い。


byM




81回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2019 ROLLING INC, All Rights Reserved.

ローリングは、面白い番組を誠心誠意、まじめに作る会社です。

お問い合わせ: 03-5776-1225

rolling_logo.jpg